クロネコヤマトの単身パックでひとり暮らしの引越しは格安にできると評判ですが、
本当にクロネコヤマトの単身パックの値段は安いのでしょうか?


引越しをする時に、誰でも疑問に思うものですが、
結論から言えばケースバイケースという事になります。



なぜなら、クロネコヤマトの単身パックは荷物が少なく長距離の引越しに最適なサービスだからです。
なので、荷物が多い場合や近距離の引越しの場合はその限りではありません。


どんなサービスにも得手不得手があるものです。
では、あなたの引越しに最適なプランはどうやってみつければいいのでしょうか?


それは、複数業者から見積もりをもらう事です。
ただ、自分でどの業者から見積もりをもらうかを判断するのは難しいです。


なので、引越し一括見積もりサイトを利用するのがとても簡単でいいですよ
1度の入力だけで、引越しが可能な複数の引越し業者から見積もりをもらう事ができます。

その中で比較すれば、クロネコヤマトの単身パックが安いのかどうかも分かりますね


▼一括見積もりサイトはココ▼

クロネコヤマトの単身パックの値段はどれぐらいなのか?

クロネコヤマトの単身パックは、単身引越サービスというプランで提供されています。
専用ボックスを利用して荷物を運ぶ宅配便感覚の引越しです。


なぜ、クロネコヤマトの単身パックが安いのかというと、荷物を専用ボックスに入れて、他の人の荷物と一緒に運ぶからです。
運送費と人件費が他の人と分割できるので、格安で提供できるのです。


そして、クロネコヤマトの単身パックは、専用ボックスの大きさによって2種類のプランに分かれています。

単身引越サービス(フルサイズ)と単身引越サービスminiタイプです。

荷物の量に合わせて選ぶことができます。
もちろんフルサイズとminiタイプを1台ずつという選択もできます。

クロネコヤマトの単身パックの値段は専用ボックスの大きさによって違ってきます。

単身パックの値段

フルサイズ(1BOXの値段目安)

同一市区内
関東エリア:17,000円(税抜)
その他のエリア:14,000円(税抜)

東京~大阪 :28,000円(税抜)
東京~広島 :32,000円(税抜)
東京~福岡 :36,000円(税抜)
東京~仙台 :25,000円(税抜)

miniタイプ(1BOXの値段目安)

同一市区内
関東エリア:16,000円(税抜)
その他のエリア:13,000円(税抜)

東京~大阪 :25,000円(税抜)
東京~広島 :29,000円(税抜)
東京~福岡 :33,000円(税抜)
東京~仙台 :22,000円(税抜)

運べる荷物の目安

1つの専用BOXに入いる荷物の量の目安は以下の通りです。

・冷蔵庫(2ドア)
・全自動洗濯機(4kg)
・電子レンジ
・ダンボール10箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ
・スーツケース1個


単身引越しの料金相場はこれぐらい




クロネコヤマトの単身パックは安いかどうかを判断するには比較するものがないとできません。
そこで、トラックをチャーターする普通の単身引越しと単身パックを含めた料金相場を調べてみました。


単身荷物少なめ

期間 ~15km未満 ~50km
未満
~200km未満 ~500km未満 500km
以上
通常期 20,000円 21,600円 30,000円 43,100円 54,000円
繁忙期 26,000円 31,000円 47,000円 58,000円 80,000円

単身荷物多め

期間 ~15km未満 ~50km
未満
~200km未満 ~500km未満 500km
以上
通常期 25,800円 30,000円 42,000円 58,000円 73,500円
繁忙期 35,000円 43,000円 62,000円 85,000円 105,000円

クロネコヤマトの単身パックは、運べる荷物が少ないので荷物少なめの料金相場と比較するといいでしょう
近距離の引越しの場合には、料金の差はそんにありませんが、遠距離の引越しの場合には、料金が倍ぐらい違います。

この相場には中小引越し業者も含まれているので、
参考に大手引越し業者であるアート引越センターの料金相場もみてみましょう

アート引越センターの荷物少なめの料金相場




期間 ~15km未満 ~50km
未満
~200km未満 ~500km未満 500km
以上
通常期 21,600円 30,750円 40,000円 75,000円 66,250円
繁忙期 29,700円 40,000円 70,000円 70,000円 115,000円

大手引越し業者の料金相場は、全体の相場と比べると少し高いようです。
クロネコヤマトも大手引越し業者だけど、単身パックだと安く引越しができるのがポイントですね


単身パックの割引でさらに引越し費用を節約!



クロネコヤマトの単身パックには4つの割引サービスがあります。

・WEB割引:1件あたり2,000円(税抜)割引
・平日割引:1件あたり2,000円(税抜)割引
・早期申込割引:1件あたり1,000円(税抜)割引
・複数BOX割引:1BOXあたり1,000円(税抜)割引


WEB割引

まずは、WEB割引です。
これは、クロネコヤマト引越サービスのホームページから申し込んだ場合に
1件あたり2,000円(税抜)の割引をしてくれるものです。
もちろん、携帯やスマホでも有効です。

注意すべき点がいくつかあります。

・現金・クレジットカードで利用する場合が対象になります。
・平日割引、早期申込割引、複数BOX割引以外の割引サービスと併用ができません。
・対象外期間があります。
・同日の搬入出日および同一の搬出入先の複数の申込みについては1件分となります。


平日割引

次に平日割引です。
平日割引は搬出日と搬入日の双方が平日(月~金曜日で祝祭日を除く)場合に受けられる割引です。、
1件あたり2,000円(税抜)を割引してくれます。

これにも注意点があります。

・作業日の確定をもって割引が適用されませすが、確定後に作業日が変更になり、
 平日ではない場合には適用場外となります。
・WEB割引・早期申込割引・複数BOX割引以外の割引サービスとは併用できません。
・対象外期間がございます。詳しくはお問い合わせください。
・同日の搬出入日および同一の搬出入先の複数のお申し込みにつきましては、1件分の割引とさせていただきます。

※シーズン期間(3/20~4/2)に発作業または着作業がある場合は、適用されません。


早期申込割引

次に早期申込割引です。

早期申込割引は搬出日が14日以上先の引越しの場合に受けられる割引です。、
1件あたり1,000円(税抜)が割引となります。

注意点があります。

搬出日が14日以上先のお引越で、搬出日が確定した場合に適用されます。お申し込みが14日以前でも、作業日の確定(実作業日)が14日に満たない場合には、適用されません。
現金・クレジットカードでお支払いのお客様が対象となります。
WEB割引・平日割引・複数BOX割引以外の割引サービスとは併用できません。
対象外期間がございます。詳しくはお問い合わせください。
同日の搬出入日および同一の搬出入先の複数のお申し込みにつきましては、1件分の割引とさせていただきます。

※シーズン期間(3/20~4/2)に発作業または着作業がある場合は、適用されません。


複数BOX割引

最後に複数BOX割引
複数BOX割引は専用BOXの利用が2本以上となった場合に1BOXあたり、1,000円(税抜)が割引されます。

注意点としては、
・単身引越サービス及び単身引越サービス(miniタイプ)とらくらく家財宅配便との併用の場合、
適用されません。

・他の割引サービスと併用ができます。



全ての割引を利用すると7,000円になります。
ただ、複数BOXを利用すると、引越し料金が高くなるので、普通は1台で済ませたいところです。


また、繁忙期(3/20~4/10)は、平日割引と早期申込割引が適用外となります。
WEB割引と複数BOX割引は利用できます。
逆にシーズン加算として、5,000円がプラスされますので注意が必要です。


クロネコヤマト単身パックのオプションサービス




クロネコヤマトの単身パックには、専用のオプションプランが用意されています。
お金を払う事によって、引越しが少し楽になるオプションです。


荷づくりサービス

単身パックを頼む人は、荷物が少ない方なのでこのオプションを頼む人は少ないと思いますが、
単身パック(単身引越サービス)の専用オプションプランとしてあります。


荷づくり料金は1BOXあたり6,000円(税抜)~です。
荷物量に応じて料金が決まるようですが、ダンボールなどの資材代は別途加算になるそうです。


資材の販売

クロネコヤマトの単身パックは、ダンボールなどの梱包資材は自分で用意する必要があります。
どうしても面倒な人は、クロネコヤマトで単身資材パックを購入すればよかったのですが、
今のところ販売停止になっています。


販売停止になる前は、3,200円(税抜)でした。
資材の内容は以下の通りです。

1.引越ダンボールケース大:600×350×310mm
2.引越ダンボールケース小:430×350×310mm
3.ハンガーBOX:450×490×1020mm
4.プレートパック:430×350×310mm
5.グラスパック:430×350×310mm
6.ふとん袋(紙製):2枚組用
7.巻ダンボール:1.2×50m
8.エアーキャップ:1.2×42m
9.ビニールひも:6mm×300m
10.色テープ:50mm×25m
11.紙テープ:50mm×25m


資材回収サービス

クロネコヤマトの単身パックでは、資材回収サービスもオプションで別料金となります。
なので、使ったダンボールなどは自分で処分する必要があります。


資材回収サービスを利用するのであれば、料金は1件/1回につき3,000円です。
これも、単身パック(単身引越サービス)の専用オプションプランです。


クロネコヤマトの単身パックの強みと弱み

クロネコヤマトの単身パックは、どんな引越しに強くて、どんな引越しが弱点なのでしょうか?

クロネコヤマトの単身パックは長距離の引越しに強い




東京から大阪間は500kmを超える移動となるのですが、単身引越しの相場と比較すると、
約半分ぐらいの値段で引越しをすることができます。


クロネコヤマトの単身パックは、長距離の引越しならば格安に引越しすることができます。
その秘密は何といってもトラックを占有しないからです。
他の荷物と一緒に運ぶので、運送費や人件費が分担できて引越しの料金は安くなります。


ただ、少ない荷物であるという前提条件がつきます。

なので、初めて親元から独立をする新入学生や新社会人の方のおススメのサービスとなります。
また、単身赴任の方などにもいいですね


クロネコヤマトの単身パックの弱点は?




逆に弱点とまでは言えないけど、近距離の引越しでは強みは発揮できません。
近距離の引越しで荷物が少ない場合には、中小引越し業者の軽トラックを利用したプランの方が安いです。
しかも、軽トラックの方が、専用ボックスよりも荷物がたくさん入ります。


また、荷物が多く、専用ボックス1台に入りきらない場合などは、料金が高くなってしまいます。
なぜなら専用ボックスが2つになると値段が2倍に、3つになると値段は3倍になってしまうからです。

なので、荷物があまり運べないというのが弱点になります。


まとめ




クロネコヤマトの単身パックは、荷物が少ない遠距離の引越しだと格安に引越しができます。
それは、単身パックの東京から大阪間の料金が28,000円で、普通の単身引越しの料金相場が54,000円という事からも分かります。


近距離の場合には、単身パックが17,000円で、単身引越しの相場が20,000円なので、それほどの差はありません。

なので、ポイントになるのは、移動距離と荷物の量となります。



いずれにせよ、長距離の引越しや近距離の引越しに関係なく、引越しをする場合には、
複数業者から見積もりをもらう事が必須です。


自分で複数業者の見積もりをもらうのは、とても面倒なので、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう
1回の入力で、複数業者から見積もりをもらうことができます。



複数業者から見積もりをもらえば、自分の引越しの引越し費用の相場を知ることができるし、
値引きの交渉材料にも使うことができ、さらには引越し費用を節約できるかもしれませんよ



▼一括見積もりサイトはココ▼