クロネコヤマトの単身パックは、一人暮らしの引越しが格安にできると評判ですが、ポイントとなるのが荷物量です。


単身パックというサービスは、専用ボックスに荷物を入れて引越しをするので、1台の専用ボックスに入るかが重要です。
もし、入らない場合には、普通の引越しの方がオトクかもしれません。

荷物量が微妙な時には、ちょっと迷ってしまいますね
クロネコヤマトの単身パックは、フルサイトとminiタイプの2種類の専用ボックスが用意されており、サイズが違ってきます。


他の業者の専用ボックスのサイズもちょっと違ったりするので、単身パックに入るか分からない時や、
考えるのが面倒な時は、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう


1度だけ、引越しをする荷物の量を入力するだけで、複数業者から見積もりをもらう事ができます。
見積もり条件が同じなので、簡単に比較する事ができます。

なので、一番安い引越し業者もすぐに分かります。


▼一括見積もりサイトはココ▼

クロネコヤマトの単身パックはどれぐらい荷物を運べるの?

クロネコヤマトの単身パック1台で、どれぐらいの荷物を運ぶことができるのでしょうか?
先ほども話した通り、クロネコヤマトの単身パックは2種類の専用ボックスが用意されています。

それぞれの専用ボックスのサイズとどれぐらい荷物が入るのか調べてみました。

フルサイズ

内寸:横104cm×奥行104cm×高さ170cm

1台に入る荷物量の目安は

・冷蔵庫(2ドア)
・全自動洗濯機(4kg)
・電子レンジ
・ダンボール10箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ
・スーツケース1個


miniタイプ

内寸:横104cm×奥行104cm×高さ130cm

1台に入る荷物量の目安は

・ダンボール15箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ



どうですか?
あなたの荷物はクロネコヤマトの単身パックの専用ボックスに入りそうですか?


実は別に専用ボックスが1台しか使えない訳ではありません。
荷物が多ければ、専用ボックスを2台、3台と無限にはといいませんが増やすことも可能です。


その時には、複数ボックス割引が適用され、1台ごとに1,000円が割り引かれます。
専用ボックスを2台使うのであれば、2,000円の割引となります。


でも、これはおススメすることはできません。
なぜなら、移動距離によっては、普通の引越しの方がオトクに引越しができるからです。


例えば、専用ボックス1台の時、料金が20,000円だったとすると、2台では40,000円、3台では60,000円となり、
専用ボックスの数に比例して料金が高くなります。

こんな荷物がたくさんある場合にも、一括見積もりサイトを利用すると便利です。
簡単に複数業者から見積もりがもらえるので、比較すればどの引越し業者がオトクなのかすぐに分かります。


▼一括見積もりサイトはココ▼

その他の業者の専用ボックスのサイズ

クロネコヤマト以外にも専用ボックスを利用した単身パックをやっている業者がいます。
その中から、主な引越し業者を選び、専用ボックスのサイズを比較してみました。

 

業者 サイズ サービス
日通 横108cm×奥行74cm×高さ154cm 単身パックS
日通 横104cm×奥行104cm×高さ174cm 単身パックL
SGムービング 幅100cm×奥行75cm×高さ145cm カーゴプラン
ハトのマーク 幅110cm×奥行80cm×高さ170cm 小鳩パック
福山通運 幅105cm×奥行105cm×高さ1.8m 青春引越便
西濃運輸 幅103cm×奥行74cm×高さ144cm 1.1m3タイプ
西濃運輸 幅115cm×奥行128cm×高さ170cm 2.5m3タイプ
サカイ引越センター 幅105cm×奥行75cm×高さ144cm 小口便引越サービス

 

西濃運輸のカンガルー単身MAX+1の2.5m3タイプが容量的に一番大きいですね


専用ボックスよりも大きなサイズの荷物はどうする

荷物の量が多い場合には、専用ボックスを複数台用意すれば荷物を運ぶことができますが、専用ボックスのサイズよりも大きな荷物は運ぶことができません。

こんな時はどうしたらいいのでしょうか?


方法は3つあります。

・大きな荷物を処分する
・単身パック+らくらく家財宅急便
・単身パックでなく普通の引越しにする

大きな荷物を処分する

専用ボックスよりも大きなサイズが1つや2つの場合は、粗大ゴミとして処分するという方法もあります。
粗大ゴミは有料となりますが、自治体で処分するれば費用はそんなに掛かりません。
自治体によって違いますが1つ300円~1,000円ぐらいです。


首尾よく処分できれば、単身パックで格安に引越しができます。


もし、リサイクル家電(テレビ、冷蔵庫、冷蔵庫、エアコン)だと、処分するのが面倒です。
料金も普通の粗大ゴミよりも高くなるでしょう
製品によって違いますが、5,000円ぐらいかかります。

また、リサイクル家電は、自治体では処分してくれないので、購入したお店か近くの家電量販店などに依頼をする必要があります。

単身パック+らくらく家財宅急便

2つめの方法としては、単身パック+らくらく家財宅急便です


らくらく家財宅急便は、家財道具1点から運んでくれるサービスです。
これと、単身パックを組み合わせることで、専用ボックスよりも大きな荷物を引越し先まで運ぶことができます。


ただし、らくらく家財宅急便は無料ではないので料金がかかります。



らくらく家財宅急便の料金は、大きさ(高さ+幅+奥行の3辺合計)と移動距離で決まります。

・SSランク 80cmまで
・Sランク 120cmまで
・Aランク 160cmまで
・Bランク 200cmまで
・Cランク 250cmまで
・Dランク 300cmまで
・Eランク 350cmまで
・Fランク 400cmまで
・Gランク 450cmまで


2人掛けのソファーや自転車(22インチ)は、Dランクとなり、東京都内の移動だと9,950円(税抜)です。
東京から大阪間だと11,250円(税抜)、東京から名古屋間だと10,250円(税抜)です。

東京都内でも東京から大阪間でもそんなに料金は変わりませんね


東京都内の引越しである場合には、単身パックよりも普通の引越しの方がオトクかもしれません。


単身パックでなく普通の引越しにする

3つめは、単身パックでなく普通の引越しにするにするです。


上記のように単身パック+らくらく家財宅急便でもいいのですが、
専用ボックスよりも大きなサイズの荷物が2つ3つになると、らくらく家財宅急便の料金も高くなります。


専用ボックスよりもサイズが大きな荷物がたくさんある場合は、単身パックよりも普通の引越しを考えた方がいいかもしれません。


クロネコヤマトの単身パックでベッドを運ぶことはできる?

クロネコヤマトの単身パックでベッドは運べるのでしょうか?

残念ではありますが、専用ボックスを利用するクロネコの単身パックでの引越しでは、ベッドを運ぶことは難しいです。
分解できるベッドであれば、運べる可能性はありますが、どれぐらい小さくなるかがポイントです。


クロネコの専用ボックスの内寸は横1.04m×奥行1.04m×高さ1.70mですので、
この中に入りさえすれば、運んでもらえます。


分解できたとして、1台の専用ボックスに収まればいいのですが、もう1台追加することになると、
引越し料金的にどうなの?という感じになります。
なぜなら、専用ボックスが2台になると、料金も2倍になるからです。


例えば、東京都とのある区内で引越しをしたとすると、専用ボックス1台でだいたい17,000円です。
それが2台になると34,000円となってしまいます。


それならば、らくらく家財宅急便でベッドを運んだ方がオトクかもしれません。


仮にシングルベッドの簡易型がEランクだとすると、東京都内の移動でおよそ15,050円となります。
単身パックよりも、少し安いですが微妙ですね


これが、東京から大阪の場合だと、だいたい17,750円(税抜)で運ぶことができます。
専用ボックス1台だと28,000円なので、プラス17,750円としても、普通の引越しよりは、単身パックの方がまだ安いですね

まとめ

クロネコヤマトの単身パックは、荷物が少ない人向けのサービスです。
進学で初めて親元から独立する方や、単身赴任をする方などにおススメです。


なぜなら、とても安く引越しができるからです。
ただ、専用ボックス1台に荷物が入りきらない場合には、オトクに引越しができないかもしれません。


特に近距離の引越しだと、中小の引越し業者や単身者用のプランとそれほど値段に差がないので、
専用ボックスが2台になることで、単身パックの料金の方が高くなってしまいます。


長距離の引越しであれば、専用ボックスが2台になっても、まだ単身パックの方が安いかもしれません。
移動距離と荷物の量によって、お得なサービスが違ってきます。


そこで便利なのが、引越し一括見積もりサイトです。
これを利用すれば、簡単に複数業者から見積もりをもらうことができ、自分の引越しがどれぐらいの料金相場なのか知ることができます。


同じ条件での見積もりなので、容易に比較することができるので、一番安い業者も簡単に見つけることができます。


また、引越し業者と値引き交渉などが相場を知ることにより、有利に展開できます。
ただ、引越しの繁忙期だと値引き交渉ができない事が多いです。


とりえず、引越しをするなら、引越し一括見積もりサイトを利用することをおススメします。

▼一括見積もりサイトはココ▼