日通の単身パックは、一人暮らしの引越しが格安でできると人気がある商品です。
単純に日通の単身パックというと、単身パックSと単身パックLの事を言っています。


この単身パックSとLは、専用ボックスに荷物を入れて引越しをするサービスです。
他の人の荷物と一緒に運ぶので、安く引越しができます。


ただ、全ての一人暮らしの引越しに対して有効かというとそうではありません。
荷物の量や移動距離によって最適なプランも変わってきます。


自分の引越しに最適なプランを見つけるには、引越し一括見積もりサイトを利用すると便利です。
1回の入力で、複数業者から簡単に見積もりをもらう事ができます。


その中から、自分にピッタリな引越し業者を探すといいですよ
無料で利用できるので、気軽に使ってみてください。


▼一括見積もりサイトはココ▼

近距離の引越しだと、日通では単身パック当日便です。

市区町村内のような近距離の引越しで、日通がススメているのが単身パック当日便です。
では、単身パック当日便とはどんなサービスなのでしょうか?

車で30分程度の移動距離で、作業開始から終了まで4時間以内を目安にした引越しが対象です。
単身パックSやLと違って、専用ボックスで荷物を運ぶのではなく、トラックを貸切って引越しをします。
なので、その日に引越しは終わります。

この単身パック当日便に申し込むと、梱包資材一式を無料で提供してくれます。
ハンガーのまま衣類が掛けられるハンガーボックスも無料でレンタルしてくれますので、便利です。

また、使用したダンボールの回収も1回に限り無料で行ってくれます。



梱包資材一式の無料提供は以下の通りです。

・ダンボール:10個
・テープ:1個
・ふとん袋:1袋
・ハンガーボックス:4個無料レンタル



気になる日通の単身パック当日便の料金は見積もりをもらわないと不明です。

以下の料金は、単身パック当日便の前のサービスであるワンルームパックの料金です。
サービス内容は、ほとんど同じだったので、料金もこれぐらいかと推測されます。

平日:最大29,800円(税込)
土日祝:最大34,800円(税込)



単身パック当日便の条件確認

・1R~1DK(30㎡以下)にひとりで住んでいる
・移動距離は、車で30分前後
・作業開始から4時間以内に終了する引越し

トラックは貸切なので、自転車なども運んでもらえそうです。

日通の単身パック当日便の注意点として、

作業条件により作業時間の延長・作業人数の増員等が必要となる可能性のある場合には、
単身パック当日便を利用することができず、別途見積もりが必要となります。


その可能性のある条件は以下の通りです。

・分解/組立てを必要とする大きな家財がある場合
・著しく重たい家財がある場合
・建物とトラックの停車場所が離れている場合
・高層マンションの高層階
・マンション共有部に厳重な建物の保護(養生)が必要な場合

その他にもあるようなので、問い合わせる必要があります。


単身引越しで荷物が多めの料金相場

単身パック当日便と荷物多めの単身引越しの料金相場と比較してみましょう

期間 ~15km未満 ~50km
未満
~200km未満 ~500km未満 500km
以上
通常期 25,800円 30,000円 42,000円 58,000円 73,500円
繁忙期 35,000円 43,000円 62,000円 85,000円 105,000円


日通の単身パック当日便は、ほぼ相場と同じぐらいの料金です。
もしかすると単身引越しを専門に行っている業者などの中小引越し業者の方が安いかもしれません。


しかし、大手引越し業者と違って、地域に密着している中小引越し業者を探すのは大変です。
なので、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう


中小引越し業者も含めて、あなたの引越しに対応可能な複数の業者さんから見積もりをもらう事ができます。
1度の入力で、複数業者から見積もりをもらう事ができるので大変便利ですよ



▼一括見積もりサイトはココ▼

長距離の引越しは日通の単身パックSとLが安いか?

近距離の引越しには、日通では単身パック当日でしたが、長距離の引越しでは単身パックSとLです。

この単身パックSとLは、専用ボックスに荷物を入れて引越しをするサービスです。
なので、荷物が少ない方の長距離の引越しであれば、格安に引越しをすることができます。


ちなみに、単身パックSとLの違いは、専用ボックスの大きさです。

単身パックS

単身パックSの専用ボックスのサイズは、横108cm×奥行74cm×高さ155cmです。
1台に入る荷物の量は以下の通りです。

・冷蔵庫(2ドア、109リットル)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・姿見
・布団
・ダンボール4箱(517mm×343mm×343mm)


気になる料金ですが、18,000円~となっています。
東京から大阪は26,000円です。


単身パックL

単身パックLの専用ボックスのサイズは、横108cm×奥行104cm×高さ175cmです。
1台に入る荷物の量は以下の通りです。

・冷蔵庫(2ドア、109リットル)
・洗濯機(4kg)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
・姿見
・布団
・ダンボール5箱(517mm×343mm×343mm)


気になる料金ですが、20,000円~となっています。
東京から大阪は29,000円です。


割引サービスと割増

日通の単身パックを利用するにあたり、いくつかの割引があります。
これらの割引を利用することによって引越し料金を少し節約することができます。



割引はWEB割引、複数ボックス割引、開始時間おまかせ割引の3つあります。

まず、WEB割引ですが、PC、モバイル、スマートフォンから申込みをすると、2,000円(税抜)の割引です。
なので、電話で申込むと損をしてしまいます。

次に複数BOX割引です。

専用ボックスが複数台になると1台につき1,000円(税抜)の割引があります。
ただ、単身パックで安く引越しをしたい場合には、専用ボックス1台でないと厳しいです。


最後に開始時間おまかせ割引です。
開始時間を日通におまかせすると、1BOXにつき1,000円(税抜)の割引です。


このようなうれしい割引もあるのですが、残念な割増料金もあります。

割増料金の条件と値段は以下の通りとなります。

・夜間配達(18時~21時):1BOXあたり2,00円(税抜)
・土日、祝日配達:1BOXあたり2,000円(税抜)
・土日、祝日の夜間配達:1BOXあたり4,000円(税抜)
・3/20~4/5までの期間:1BOXあたり5,000円(税抜)



どこでもそうですが、割引は多く目立つように記載されていますが、
割増については、あまり目立たずにさりげなく小さく記載されています。


また、他に注意が必要なのは、
単身パックの場合には、「梱包資材のお届け」や「使用済み資材の回収」は、有料となります。
また、洗濯機(給排水ホース)の取付けや取外しも別料金となるので、気を付けてください。

時間帯

日通の単身パック(S・L)は、配達時間を選ぶことができます。
ただ、有料の時間帯もあるので注意です。


4つの時間帯から選ぶことができます。

・午前 9:00~12:00
・午後 12:00~16:00
・午後 16:00~18:00
・夜間 18:00~21:00


夜間の18:00~21:00は1ボックスあたり2,000円かかります。

また、エリアによっては「午後」と「午前」の2区分になり、3/17~4/8の間も同様に2区分です。


メリットとデメリット

それでは、単身パック(S・L)のメリットとデメリットを考えてみましょう

まず、メリットは以下の通りです。

・荷物が少なければ格安に引越しができる
・料金体系が明確
・荷物の紛失や損傷が少ない

単身パック(S・L)は、専用ボックスに荷物を入れて運ぶので、荷物が紛失したり壊れたりすることがめったにないです。
また、料金は専用ボックスの数で決まるので、とても明確です。


次にデメリットは以下の通りです。

・運べる荷物に制限がある
・当日に引越しが終わらない
・ダンボールの提供が有料で、回収も有料


専用ボックスのサイズよりも、大きな荷物は運ぶことができないし、荷物の量が多くて専用ボックスが2台になると、
料金も2倍になるので、引越し費用が高くなります。


また、近距離の引越しでも、当日には引越しが終わらない事と、ダンボールは自分で用意し処分する必要があります。


単身引越しで荷物少なめの料金相場


期間 ~15km未満 ~50km
未満
~200km未満 ~500km未満 500km
以上
通常期 20,000円 21,600円 30,000円 43,100円 54,000円
繁忙期 26,000円 31,000円 47,000円 58,000円 80,000円



近距離の引越しだと、単身パックの料金も相場とそんなに変わりません。
なので、近距離の引越しの場合には、格安に引越しができるとはいえません。


しかし、長距離の引越しをみてもらうと、東京から大阪間は500km以上あるので、
単身パックの料金(29,000円)と相場の料金(54,000円)を比較すると、単身パックの方が安いことがわかります。



いずれにせよ、引越しをする場合は、複数業者から見積もりをもらう事が必須です。
引越し一括見積もりサイトならば、簡単に複数業者から見積もりをもらうことができます。


たった1度の入力なので、とても楽です。
そして、同じ条件の見積もりなので、比較するのが容易です。


▼一括見積もりサイトはココ▼

日通の単身パックXは鉄道輸送で引越し

日通の単身パックXは、鉄道コンテナに荷物を入れて、鉄道輸送で引越しをするサービスです。
150km以上離れた取扱いエリア間の引越しが対象となります。



取扱いエリアは以下の通りです。

北海道:札幌市※ 恵庭市※ 江別市※ 北広島市※ 長沼町※ 南幌町※
宮城県:仙台市 名取市 岩沼市 塩釜市 多賀城市 七ヶ浜町 富谷町 利府町
東京都 東京23区 清瀬市 国立市 小金井市※ 国分寺市 小平市 狛江市※ 
    調布市※ 西東京市※ 東久留米市 府中市 三鷹市※ 武蔵野市※
埼玉県:さいたま市 上尾市 朝霞市 入間市 桶川市 川口市※ 川越市 
    坂戸市 狭山市 志木市 草加市※ 鶴ヶ島市 所沢市 戸田市※ 
    新座市 鳩ヶ谷市※ 飯能市 東松山市 日高市 三芳町 富士見市 
    ふじみ野市 三郷市※ 八潮市※ 和光市※ 蕨市※ 川島町 三芳町
千葉県:市川市※ 浦安市※ 鎌ヶ谷市※ 習志野市※ 船橋市※ 松戸市※
神奈川県:横浜市 川崎市(麻生区・多摩区を除く) 川崎市麻生区※ 川崎市多摩区※ 
     相模原市南区※ 大和市※ 鎌倉市※ 藤沢市※ 茅ヶ崎市※ 綾瀬市※ 座間市※ 寒川町※
愛知県:名古屋市 愛西市 あま市 大府市 北名古屋市 清須市 東海市 津島市 
    豊明市 弥富市 大治町 蟹江町 東郷町 飛島村
兵庫県:神戸市※ 明石市※ 芦屋市※ 尼崎市 伊丹市 川西市 宝塚市 西宮市※
大阪府:大阪府全域
広島県:広島市※ 廿日市市※ 海田町※ 熊野町※ 坂町※ 府中町※
福岡県:福岡市 北九州市※ 大野城市 春日市 古賀市 太宰府市 筑紫野市 
    中間市※ 宗像市 行橋市※ 宇美町 遠賀町※ 粕屋町 苅田町※ 篠栗町 
    志免町 新宮町 須恵町 那珂川町 久山町
京都府:京都市※ 宇治市※ 向日市※ 八幡市※ 長岡京市※ 城陽市※ 
    大山崎町※ 久御山町※ 井出町※



気になる料金ですが、以下の通りです。

東京都⇔北海道:75,500円
東京都⇔宮城県:56,000円
東京都⇔愛知県:57,000円
東京都⇔京都府:59,000円
東京都⇔大阪府:59,000円
東京都⇔広島県:70,000円
東京都⇔福岡県:75,000円



単身パックXは、鉄道コンテナを利用しますが、
そのサイズは横227.9cm×奥行164.9cm×高さ198.9cmです。


単身パックLの3倍の容量で、単身パックLで運べなかったベッドやソファー、自転車も運ぶことができます。


まとめ

近距離の引越しは、単身パック当時便がおススメですが、荷物が少ないのであれば、単身パック(S・L)でも安く引越しができます。
ただ、地域密着型の中小引越し業者も選択肢に入れておいた方がいいでしょう


また、長距離で荷物少ない場合は、日通の単身パック(S・L)がおススメです。
格安に引越しすることができます。
しかし、他の引越し業者でも同じように専用ボックスを使った引越しサービスがあります。
自分の引越しに合った業者を選ぶといいでしょう



引越し業者はたくさんあるので、引越し一括見積もりサイトを利用して、複数業者から見積もりをもらった方がいいです。

なぜ複数業者から見積もりをもらう必要があるかというと、1社だけの見積もりだとそれが安いのかどうか分からないからです。


引越し一括見積もりサイトなら、1度の入力で複数業者から簡単に見積もりもらう事ができます。
同じ条件の見積もりなので、安易に比較することが可能です。


無料で利用できるので、ぜひ試してください。



▼一括見積もりサイトはココ▼