ひとり暮らしの引越しには、単身パックが安くていいよという評判を聞きますが、本当にオトクなのでしょうか?


結論から言うと、ケースバイケースになります。

確かに単身パックで近距離の引越しは、安く引越しをすることができますが、近距離の引越しであれば、トラック貸切の普通の単身引越しプランでも安く引越しをすることができます。

また、単身引越しを専門に行っている中小引越し業者も安く引越しをしてくれます。
だけど、引越し料金は変動要素が多く、一概にどちらがオトクなのかは見積もりをもらってみないと分かりません。


なので、近距離の引越しを安く行いたいのであれば、複数業者から見積もりをもらう事です。
引越し一括見積もりサイトを利用すれば、簡単に複数業者から見積もりをもらうことができます。

自分で中小引越し業者を探すのは大変ですが、このサービスを利用すれば、対応してくれる中小引越し業者も簡単に探してくれますよ



▼見積もりサイトはココ▼

単身パックのメリットとデメリット

近距離の引越しは、単身パックで安くできるのか?
単身パックのメリットやデメリットを把握して、近距離でも安く引越しがきるのかを調べてみます。


その前に、そもそも単身パックとはどんなサービスなのでしょうか?


単身パックとは

単身パックは、専用ボックス(滑車付きのゲージ)の中に荷物を入れて引越しをするサービスで、宅配便と引越しの中間みたいなサービスと言われています。


トラックを貸切らず、他の人の荷物と一緒に運ぶので引越し料金が安くなります。


この単身パックは、大手引越し業者で提供しており、それぞれサービス名が違います。
日通の場合は、そのまま単身パックというサービス名で提供しています。


クロネコヤマトの単身パックは、単身引越サービス、SGムービング(佐川急便)の単身パックは、単身カーゴプラン、ハトのマークの引越センターの単身パックは、小鳩パック、西濃運輸の単身パックは、カンガルー単身MAX+1というサービス名です。


主な引越し業者は以上となりますが、他にも単身パックを提供している業者はあります。


単身パックの荷物の量

単身パックで安く引越しができるかどうかは、荷物の量がポイントになります。
各引越し業者で、専用ボックスの大きさが違ったりしますが、専用ボックス1台であまり多くの荷物を運ぶことはできません。


どれぐらいの荷物が入るかというと、だいたいこれぐらいです。

・冷蔵庫(2ドア)
・全自動洗濯機(4kg)
・電子レンジ
・ダンボール10箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ
・スーツケース1個



単身者の引越しでも比較的に荷物が少ない人向けのサービスですね
例えば、就職や入学で初めて親元を離れて独立するような引越しの方に最適なプランです。
また、単身赴任の方におススメです。

単身パックのメリット

単身パックにはどなメリットがあるでしょうか?


まず、引越し費用が安く抑えらえるということです。
特に長距離の引越しが格安で行えます。


なぜかというと、普通のトラックをチャーターする引越しはトラックを占有するので、トラックの運賃は一人で負担することになりますが、単身パックの場合は、他の人の荷物も一緒に運ぶので、トラックの運賃を複数人数で負担することになるからです。

次に引越し料金が明瞭な事です。
移動距離と専用ボックスの数で料金が決まっています。
普通の引越しだと、引越し料金がいくらなのか見積もりをもらうまで分かりません。

単身パックのデメリット

安く単身者の引越しができると評判の単身パックですが、デメリットはあるのでしょうか?


まず、運べる荷物が少ないという事です。
専用ボックスを何台も利用すれば、たくさん運べるのですが、料金が高くなります。


例えば、専用ボックスが1台なら料金が10,000円だとします。
その時に専用ボックスが2台になると、料金は倍の20,000円となります。


3台の場合は3倍となり、せっかく引越し費用を節約しようと、単身パックにしたのに、
逆に普通の引越しのプランよりも高くなってしまう事も起こりえます。


次に専用ボックスのサイズより大きな荷物は運べないことになります。
例えば、ベッドやソファーです。



最後に、近距離の引越しです。
デメリットでもないのですが、近距離の引越しでは、中小引越し業者も安く引越しをするし、大手でも近距離向けの安い単身者プランを出しています。


なので、単身パックも料金は安いのですが、荷物があまり運べません。
普通の引越しであれば、同じような料金なのに、運べる荷物の量は単身パックよりも多いです。


近距離の引越し費用相場は一体どれぐらいなのか?

近距離の引越しは、移動距離が短いので比較的に安く引越しができますが、大手引越し業者だと高い場合があります。

では、ある大手引越し業者の簡易見積もりの結果はどれぐらいだったでしょうか?

ある業者の簡易見積もりの結果

荷物の量は以下の通りで見積もりをしてみました。

・冷蔵庫(2ドア):1
・洗濯機:1
・レンジ:1
・テレビ台
・スタンドミラー
・薄型TV31型以下
・DVDデッキ
・衣装ケース:3
・ふとん:1組
・ダンボールMサイズ:10
(W505mm×D393mm×H352mm)



見積もり料金は以下の通りです。


東京都(世田谷区)から東京都(世田谷区):130,572円
東京都(世田谷区)から神奈川県横浜市緑区:130,572円


これは、驚きの料金ですが、私も近場の引越しの時にこの業者で見積もってもらったら10万円を超えました。


実際の引越し料金相場は

一括見積もりサイトのこの業者の料金相場は以下の通りです。

15km未満(市区町村内):21,600円
50km未満(都道府県内):30,750円
200km未満(同一地方内):40,000円



見積もり額では100,000円以上するのですが、実際の相場だと20,000円ぐらいで済んでいます。


これは、一括見積もりサイトを利用して複数業者から見積もりをもらって引越しをした場合には、引越し料金は安くなっている事がわかります。


もし、1社にしか見積もりをもらわなかった場合には、100,000円以上で引越しをすることになるかもしれません。
私はフリー便にして、半額にしてもらいました。


それでも車で10分程度の単身引越しで50,000円ですから、とても高いですね


近距離の引越しの料金相場

それでは次に特定の業者ではなく、全体の引越し料金相場を調べてみました。



単身引越しの荷物少なめ

15km未満(市区町村内) 50km未満(都道府県内)
5月~2月(通常期) 20,000円 21,600円
3月~4月(繁忙期) 25,650円 31,000円

 

単身引越しの荷物多め

15km未満(市区町村内) 50km未満(都道府県内)
5月~2月(通常期) 25,400円 30,000円
3月~4月(繁忙期) 35,500円 43,000円



近距離の引越しの料金相場は、荷物少なめで20,000円~30,000円、荷物多めで25,000円~45,000円ぐらいです。
では、単身パックはどれぐらいで引越しができるのでしょうか?

各業者の単身パックの料金はどれぐらい?

単身パックで近距離の引越しがオトクにできるのか?


各引越し業者の単身パックの料金を調べてみました。


クロネコヤマトの単身パック

宅配便で有名ですが、引越しもやっています。
クロネコヤマトの単身パックは、単身引越サービスという名称です。
専用ボックスは2種類あり、荷物の量によってサイズを選ぶことができます。

miniタイプ

専用ボックス1台の料金目安

同一市区内の引越し
・関東エリア:16,000円(税抜)~
・その他エリア:13,000円(税抜)~

専用ボックスの大きさ

・横1.04m×奥行1.04m×高さ1.30m

入る荷物の目安

・ダンボール15箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ

フルサイズ

専用ボックス1台の料金目安

同一市区内の引越し
・関東エリア:17,000円(税抜)~
・その他のエリア:14,000円(税抜)~

専用ボックスの大きさ

・横1.04m×奥行1.04m×高さ1.70m


入る荷物の目安

・冷蔵庫(2ドア)
・全自動洗濯機(4kg)
・電子レンジ
・ダンボール10箱(350mm×430mm×310mm)
・衣装ケース3個(380mm×740mm×220mm)
・布団袋1つ
・スーツケース1個


割引サービス

・WEB割引(2,000円)
・平日割引(2,000円)
・早期申込割引(1,000円)

割引サービスを利用すれば安くなります。


日通の単身パック

日通はテレビのCMなどで有名な専用ボックスで引越しをする単身パックというサービスがあります。
クロネコヤマトと同様に2種類の専用ボックスを用意しています。

単身パックS

専用ボックス1台の料金

・17,000円(税抜)~

専用ボックスの大きさ

・横108cm×奥行74cm×高さ155cm

専用ボックス1台に入る荷物量の目安

・冷蔵庫(2ドア、109リットル)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・姿見
・布団
・ダンボール4箱(517mm×343mm×343mm)

単身パックL

専用ボックス1台の料金

・18,000円(税抜)~

専用ボックスの大きさ

・横108cm×奥行104cm×高さ175cm

専用ボックス1台に入る荷物量の目安

・冷蔵庫(2ドア、109リットル)
・洗濯機(4kg)
・薄型テレビ(20インチ)
・テレビ台(小)
・電子レンジ
・掃除機
・カラーボックス(3段)
・衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
・姿見
・布団
・ダンボール5箱(517mm×343mm×343mm)


割引サービス

以下の割引サービスがあります。

WEB割引(2,000円)
エリア割引(1,000円)


SGムービング(佐川急便)の単身パック

上記のクロネコヤマトと日通は宅配便で有名な会社です。
もう1つ、宅配便で有名な会社は佐川急便ですね


この佐川急便にも単身パックがあります。
今はSGムービングという引越し部門の単身カーゴプランというサービスになります。
単身カーゴプランの専用ボックスは1台しかありません。


単身カーゴプラン

専用ボックス1台の料金

・27,300円~

専用ボックスの大きさ

・幅104cm×奥行75cm×高さ145cm

専用ボックス1台に入る荷物量の目安

・テレビ
・ミニコンポ
・掃除機
・パソコン
・カラーボックス
・座卓
・ダンボール10個程度


割引サービス

WEB割引が6,300円も適用されます。


西濃運輸の単身パック

西濃運輸の単身パックは、カンガルー単身MAX+1というサービス名です。
専用ボックスの大きさは2種類あります。

1.1m3タイプ

専用ボックス1台の料金

・20,000円(税抜)~

専用ボックスの大きさ

・幅103cm×奥行74cm×高さ144cm


2.5m3タイプ

専用ボックス1台の料金

・23,000円(税抜)~

専用ボックスの大きさ

・幅115cm×奥行128cm×高さ170cm



西濃運輸の専用ボックスは、業界最大の大容量です。

割引サービス

予約割引(1,000円)
14日前まで予約すると割引があります。


カンガルー単身MAX+1は、自転車を1台だけ無料で運んでくれます。
ただし、電動自転車や高級な自転車は対象外です。


近距離の単身引越しに強い中小引越し業者

近距離の引越しで活躍するのは、中小引越し業者です。

TPO引越し単身ナビパック

東京を中心に千葉、埼玉、神奈川と引越しサービスを展開しています。
料金は12,000円~
作業員1名と軽トラック1台で引越しをします。


運べる荷物の目安は以下の通りです。

・冷蔵庫
・洗濯機
・折りたたみベッド
・レンジ
・パソコン
・ソファー
・テーブル
・ハンガーボックス
・布団袋
・ダンボール30箱


特徴としては、荷物と一緒に同乗可能です。


愛知引越センター

愛知引越センターは地域密着型の中小引越し業者です。
愛知を中心に岐阜、三重でサービスを展開しています。


料金は、1t車でスタッフ1名:12,000円~、1t車でスタッフ2名だと15,000円~です。


運べる荷物の目安は以下の通りです。

・冷蔵庫(2ドア)
・洗濯機
・レンジ
・テレビ
・テレビ台
・ミニコンポ
・掃除機
・パソコン
・こたつ
・ふとん
・姿見
・衣装ケース
・自転車
・ダンボール10個
・ハンガーBOX


リサイクルBOY引越センター

リサイクルBOY引越センターは、神奈川の地域密着型の中小引越し業者です。
神奈川県や東京で引越しサービスを展開しています。


料金は20,000円~
2tショートトラックと2名のスタッフでの引越しです。


マイスター引越センター

マイスター引越センターは、大阪の地域密着型の中小引越し業者です。
大阪を中心にサービスを展開しています。


料金は15,000円~
1.5t~2t車1台で1~2名のスタッフで引越しを行います。


中小引越し業者ではあまりないサービスですが、
楽をしたい人は、全てお任せするコースもあります。


料金が高いです。
倍以上の32,000円~になります。

アイ・エヌ・ジー引越センター

アイ・エヌ・ジー引越センターは、大分県の地域密着型の中小引越し業者です。
大分を中心に九州、関西、関東にまで引越しをしてくれます。


大分から関西や関東まで引越しを頼めるのは、中小引越し業者の中でも大きな会社だと思われます。

九州内の引越し:29,800円(税込)~
関西への引越し:39,800円(税込)~
関東への引越し:49,800円(税込)~


引越しのエディ

引越しのエディは京都の地域密着型の中小引越し業者です。
京都を中心に奈良、滋賀で引越しサービスを展開しています。


そんな引越しのエディのシングルプランの料金は15,000円~となっています。


運べる荷物の目安は以下の通り

・テレビ
・冷蔵庫(小)
・洗濯機(小)
・電子レンジ
・パソコン
・ふとん袋
・衣装ケース等の入れ物
・段ボール10個程度



実家からの独立やワンルームにお住まいで荷物が少なめの方にピッタリなプランです。


まつり引越サービス

まつり引越サービスは、東京の地域密着型の中小引越し業者です。
東京23区の引越しを中心に引越しサービスを展開しています。


まつり引越サービスの単身の引越しで23区内であれば、18,000円~となります。
女性の単身引越しで、とても評判の高い引越し業者です。


他にもたくさんの引越し業者さんがいます。
特に中小引越し業者さんは、あまり知られていないので、どうやって見つけたらいいのか分かりません。
自分で安い業者をみつけて、引越しを申込むと、悪徳業者である事もあるので気をつけてください。


引越し一括見積もりサイトを利用すれば、普通は見つけることができないような優良な中小引越し業者を見つけることができます。

登録されている引越し業者は、ある一定の審査に通った引越し業者なので、悪徳業者はいないので安心して申し込むことができます。


いずれにせよ、大手引越し業者を含めて複数業者から見積もりをもらう事が大切です。
面倒だからといって、1社しか見積もりをもらわずに即決してしまうと、相場より高い金額で引越しをすることになるかもしれません。


引越し一括見積もりサイトを利用して見積もりの依頼をすれば、簡単に複数業者から見積もりをもらうことができます。
同じ条件での見積もりなので、比較するのも簡単にできます。

無料で利用できるので、試してみるといいですよ

▼見積もりサイトはココ▼

単身パックで引越し費用を節約する簡単な工夫

単身パックはトラックを貸切って引越しをするサービスよりも安く引越しができます。
ただし、近距離の場合には、大手引越し業者よりも安く引越しをすることができますが、中小引越し業者の単身プランとそれほどの差はありません。


単身パックだけでなく、引越しをする時期や曜日により値段が違ってくるので注意が必要です。

引越し時期

まず時期ですが、繁忙期(3月~4月)は、単身パックに限らずどこの引越し業者も割高になります。
専用BOXを利用した単身パックをみてみると、クロネコヤマトの場合は、3月20日~4月10日までの間、1BOXにつき基本料金から5,000円がプラスされてしまいます。


関東エリアの場合、フルサイズで価格が17,000円なので、5,000円プラスされると大きな痛手です。


そして、日通の単身パックですが、こちらも繁忙期(3/22~4/5)までの間は、1ボックスにつき5,000円プラスとなります。
繁忙期の単身パックSは申込むことができません。


なので、単身パックを利用するなら、繁忙期のある一定期間を避けて利用する方がオトクと言えます。

実は、単身パックだけでなく、普通の引越しも繁忙期の3月~4月は引越し料金が割増されます。
しかも、全体的に忙しいので、値引き交渉なども難しくなってきます。
こんな時に、引越し一括見積もりサイトを利用して、一番安い引越し業者を選ぶといいかもしれませんね


また、単身パックよりも、普通の引越しの方が長い期間で料金が高くなります。

引越する曜日

次に曜日です。
クロネコヤマトの場合は、土日や祝日を避けて平日に単身パックを利用すると、
1回につき2,000円の割引になります。


日通の場合は、土曜日や日曜日、祝日に配達すると1ボックスあたり2,000円のプラスになります。


したがって、平日に集配してもらい平日に配達してもらうと引越し費用を抑えることができます。


これは、普通の引越しでも同じです。
土曜日や日曜日よりも平日に引越しをした方が料金は安いです。


配達の時間帯

最後に時間帯です。
クロネコヤマトの単身パックの場合、時間帯によって価格の変動はありません。
オプションとして、約束時間お届け時間指定サービスというものがあり、3,000円で申し込めます。


日通の単身パックだと、夜間配達(18~21時)の時間帯だけ1ボックスあたり2,000円がプラスされます。
なので、夜間配達を避けた方が引越し費用は安くなります。

どうしても、夜間配達の場合は、クロネコヤマトの単身パックを利用するといいでしょう


普通の引越しの場合には、単身パックと違って配達とかはありません。
近距離の引越しであれば、その日のうちに引越しは完了します。

単身パックは、専用BOXの中に荷物を入れて、他の人の荷物と一緒に輸送することによって、
トラックの料金と作業スタッフの料金を他の人と分割でき方法なので、格安に引越しができます。


しかし、上記のように思わぬところで、料金の割増があるのでそこはしっかりと注意をして自分にあった引越しプランを選んでください。


近距離の引越しの場合には、中小引越し業者とかと料金的にあまり差がないので、ちょっとした割増などによって、どちらが安いのか判断がつきません。

なので、引越し業者を決める方法としてオススメなのが一括見積もりサイトを利用することです。
大手引越し業者や中小引越し業者から複数の見積もりをもらうことができます。
同じ条件での見積もりなので、簡単に比較や検討ができます。


自分の引越し料金の相場を知ることができるので、値引き交渉にも役に立つでしょう
最安値の引越し業者にするのか、少し高くても大手引越し業者に依頼するのか?
自分の事情に合ったプランを選択できるでしょう!

▼見積もりサイトはココ▼

近距離の引越しは単身パックと普通の引越しではどちらがオトク?

近距離の引越しでは、単身パックとトラックを貸切って引越しをする普通の引越しプランではどちらがオトクなのでしょうか?


結論からいうと、同一市区内など近距離のひとり暮らしの引越しであれば、専用ボックスやコンテナを利用する単身パックよりもむしろ、トラック貸切の普通の単身引越プランや軽トラックを利用した方法の地域密着型の中小引越し業者が有利になります。


移動距離が近ければ近いほどその傾向が顕著になります。

同一市区内の引越しで中小引越し業者であれば、地域限定や数限定などで1万円を切るようなプランもあるようです。大手引越し業者の引越しプランだと、5万円以上になる事があるので、どの引越し業者のどのプランを選択するのかが引越しをする上でとても重要になってきます。


ただ、赤帽のように引越し費用は安いけど、お手伝いをする必要がある業者さんもあるので確認は必要です。


決して単身パックの料金が高い訳ではありません。
単身パックよりも安い料金で引越しをしてくれる中小引越し業者もありますが、料金的にはそんなに差がありません。


ではなぜ、近距離の引越しの場合に中小引越し業者のトラック貸切のプランの方が有利かというと
2つ理由があります。

荷物の量

まず、1つ目の理由は、荷物の量です。

引越し料金が同じだとしても、単身パックの専用ボックス1台よりも軽トラックの方が荷物が多く運べます。
仮に専用ボックス1台に収まったとしても、あまり料金に差がなければ単身パックのメリットは消えます。


専用ボックスを利用した引越し業者は複数社ありますが、専用ボックスの大きさはほぼ同じぐらいです。


専用BOXに入る荷物の目安

冷蔵庫(2ドア)
全自動洗濯機(4Kg)
電子レンジ
ダンボール10箱(380mm×740mm×220mm)
衣装ケース3個
布団袋が1袋
スーツケース1個


引越し料金は同一市区内でだいたい12,000円~18,000円ぐらいです。
専用ボックスのサイズよりも大きな家具や家電などは運ぶことはできません。


大手引越し業者のトラック貸切の単身引越しプランや軽トラックを利用した地域密着型の中小引越し業者の方が、専用ボックス1台分の荷物よりも、もっと多くの荷物を運べます。大型の家具や家電、ベッドや自転車も運ぶことができます。


また、単身パックだと段ボールを無料でもらうことができません。自分で用意するか梱包資材を購入する必要があります。
当然のことながら、段ボールの回収もありません。


専用ボックス1つに収まりきるのが微妙な場合には、確実に単身パックではない方がいいでしょう


もし、専用ボックス1台に入ったとしても、
引越し料金が同じぐらいであれば、余裕の普通の引越しプランの方がいいでしょう


なので、同一市区内の引越しで専用ボックスが2台になった場合は、やめた方がいいでしょう

なぜなら、専用ボックスが2台になると、引越し料金も2倍になるからです。
そうなると、中小引越し業者で引越しをする方が、引越し費用を確実に節約することができます。

日数

2つ目の理由は日数です。

専用BOXを利用する単身パックでの引越しは、宅配便と同じなので荷物の配送が翌日以降となってしまいます。

長距離の引越しの場合には、トラック貸切の引越しでも翌日になってしまうことがありますが、どんな近場の引越しでも基本的には翌日以降となるので、近距離の引越しの場合にはちょっと考えてしまいますね


ただ、意識的に荷物の集配日とお届け日を違う日にする必要がある場合には、単身パックの方が楽でしょう
業者によって違うかもしれませんが、1週間ぐらい間をあけることができます。


例えば、引越し元の契約解除日と引越し先の契約日が違って、どうしても引越し先に荷物を運べないケースなどが考えられます。


この日数が1週間以上である場合には、引越し業者に保管してもらわないといけないので、別途費用がかかる場合もありますが、1週間以内であれば、引越し業者の方で無料で預かってくれます。

近場の引越しで、荷物が届くのが翌日になって困る人は、同じ価格であったとしても専用ボックスを利用した単身パックは避けた方がいいでしょう!


まとめ


近距離の引越しは単身パックでも安いのか?
と聞かれると近距離でも安く引越しをすることができるのは確かです。


ただ、お得に引越しができるのか?
という質問だと、近距離の引越しを単身パックでやるのはオトクとは言えません。


近距離の引越しの場合には、単身引越しを専門で行う中小引越し業者などが選択肢としてあるからです。
値段は同じぐらいかもしれませんが、運べる荷物の量がちがいます。


また、単身パックの場合は専用ボックスよりもサイズが大きな荷物は、運ぶことができません。
ただ、単身パック+別のサービスという方法で運ぶことができます。
その場合には、引越し料金は高くなってしまい、近距離の引越しの場合には、普通の引越しプランよりも高くなります。


単身パックのメリットがなければ、トラック貸切の単身引越しプランや軽トラックを利用した地域密着型の中小引越し業者を考えた方がいいでしょう!
近距離の引越しでは、単身パックよりも安く引越をすることができます。


では、どうやって地域密着型の中小引越し業者を探せばいいのでしょうか?
電話帳などで調べるのはひと苦労です。


自分で探すと変な違法業者などにひっかかるのも不安です。
そんな時は、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう
引越し一括見積もりサイトに登録できる業者は、それなりの審査を通っているので悪徳業者は入れません。


なので、引越し一括見積もりサイトを利用して、
中小引越業者を含めて複数業者から見積もりをもらいましょう
あなたの地域の隠れたいい中小引越し業者が見つかるかもしれません。

▼見積もりサイトはココ▼